CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
                     
<< 渋谷すばるのソロ活動と世界観 | main | 東京遠征日記in渋谷すばるソロコン♪ >>
渋谷すばるLIVE TOUR 2015 オーラスレポ 2/25
渋谷すばる初のソロツアーのオーラスに行ってまいりましたので、遅くなりましたが、私なりの感想を書きますね♪
スタンディング方式のライブ会場に入るのは初めてだったので、何もかもが新鮮で…!しかも、すばるの初ソロツアー!
本当に、刺激的な1日になりましたよー!
一緒に入ってくださった方が前日も入っていたので、事前にロッカーやトイレ、見やすい場所などの情報を教えてくださり本当に助かりました。そうでなければ、雰囲気に圧倒されて私、貧血でぶっ倒れてたかも^^;
入口に「ライブ中はとても室温が上がります」と注意書きがあり、始まる前も「なるべく薄着になってください!」なんてアナウンスがあったけど、ライブ中は本当にサウナ状態でした。
2階席の1列目には、映画「味園ユニバース」の監督さんや業界人と思われる方がずらりと座っており、そこだけビジネスな雰囲気に…。

18:00になったその瞬間、客電が落ち真っ暗闇になり、両サイドのスクリーンに「味園ユニバース」の映画が流れ……
渋谷すばる登場!!
うねりのような歓声にすばるが包まれ、すばるもそれに応えるように「ココロオドレバ」を力いっぱい熱唱!
ステージで飛び跳ねて、楽しそうに歌ってるすばるを生で見られて、ものすごく感激しました(涙)。
うわーうわー!と思っているうちに、1曲目があっという間に終わり、2曲目の「あおっぱな」へ。
曲が進むにつれて段々と目も慣れ、雰囲気もつかめてきて、その頃にはもう身体は汗でびっしょりです。

すばるの陶酔しきった表情、人の匂い、演奏の大音響……全てが強烈すぎて、茫然としている自分がいました。
押し寄せてくる感じ、これがすばる世界なのかあ…。すごいなあ…っていうのが、素直な感想。

こんなに近くにいるのに、こんなに遠い。
最高に興奮しているのに、それを奇妙に遠くから眺めている気持ち。
永久に生きると思えるようなこの場の全ての人が、100年後には誰もいない不思議。

一番嬉しかったのは、何回もマイクなしで歌ってくれたこと。狭いライブ会場での醍醐味ですよね!
そして、後半に差し掛かると、すばるはおもむろにシャツを脱いで上半身裸になり、ファンを煽っておりましたよ〜^^;できるだけパンツも下にずらして、セクシー全開(笑)。
裸のままブルースハープを吹くと、彼の身体が弛緩するのがはっきり見えて、呼吸がそのまま伝わってきそうでドキドキしました…。胸からおへそにかけてのラインが艶かしくて、色っぽい!まわりのバンドメンバー全員が服を着ているものだから、余計にいやらしく見えるのです。華奢な肢体が、ステージでキラキラと跳ねていました。

バンドメンバー10人は、みんなすばるより身体が大きくて年上で、そういう人たちに囲まれて一人センターで歌うすばるの様子は、関ジャニ∞のバンド演奏の時とは全く違いました。バンドメンバーは決して持ち場を離れず、全員が徹底的に演奏に集中している……真正面を向いて。普通といえば普通なんだけど、なんとなくバンドって、演奏中は目線を送り合い、時には向き合い、くっついたり離れたり笑ったりしながら演奏する!っていうイメージがあったから、不思議な光景に思えました。

それにしても、ソロライブの曲目にエイトの曲を持ってきたのは意外でした。
こういう時こそ、徹底的にグループと違うテイストを持ってくると思ったから。
ただ、関ジャニ∞の曲をアレンジを変えてすばるが一人で歌うと、全く違う味わいになって、新しい曲のように楽しむことができました。こういう歌い方になるんだ〜なんて新鮮な気持ちになって。エイトの曲がかかると、観客もここイチ、わっ!と湧いて、喜ぶのが分かりました。エイトの曲になるたびに、ハッとして、そうだ、彼は関ジャニ∞だったと思う…その繰り返しでした。

全体的には、映画とのタイアップ、分かりやすいシングル曲、合間にエイト曲の挿入。これから広がる、渋谷すばるのダークでライトな世界への入門としては、なかなか考えられたセットリストだったのではないでしょうか?

ライブ中は、あまりにも密度が濃くて、その窒息しそうな気持ち良さに、頭がくらくらしながら立っているのがやっとでした。何なんでしょうね、あの閉塞感。物理的にじゃなくて、すばるの歌のスープにずっと浸されていた気がします。

それにしてもやはり、観客側にも変な緊張感があったのではないかと思います。
アーティストとしてのすばるに、どんな風に向き合うのか?
一人一人が自分の中で咀嚼しようとしていたのではないのかな。

甲本ヒロトさんの歌がライブ前とライブ後にかかって、そこまで?!と驚きました。憧れすぎて、すばる自体がヒロト化してるとは言われてるけど、自分のライブで流すとは。傾倒しすぎて、すばるが1人の世界に入ってしまわないかだけが心配です。

まあ、いろいろ書きましたが楽しかったですよー!

すばるの最初の一歩を見届けられて、満足です!

最後に、チケットをお譲りいただいたYさんに御礼申し上げます。
 
★ポチッと押していただければ嬉しいです★ジャニーズブログランキング
| 関ジャニ∞ | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://5124.tomo7.chips.jp/trackback/1301124
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • 関ジャニ∞ヒストリー 〜僕らが生き残る道〜
    ちい (12/12)
  • 亮ちゃんが大河ドラマ「西郷どん」に出演する件について
    くま (11/23)
  • 亮ちゃんが大河ドラマ「西郷どん」に出演する件について
    はるか (11/07)
  • 亮ちゃんが大河ドラマ「西郷どん」に出演する件について
    くま (11/03)
  • ジャムでの楽曲提供 「今」振付裏側
    くま (10/26)
  • ジャムでの楽曲提供 「今」振付裏側
    はるか (10/24)
  • ジャムでの楽曲提供 「今」振付裏側
    くま (10/13)
  • ジャムでの楽曲提供 「今」振付裏側
    はるか (10/13)
  • ジャムでの楽曲提供 「今」振付裏側
    くま (10/10)
  • 関ジャムでの楽曲提供 6ヶ月の全工程!「DONAI」
    はるか (10/09)
OTHERS