CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
                     
関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 7/22名古屋レポ

本日は名古屋2日目でした。酷暑の中、無事帰ってこれてホッと一息です。

ツアーを冬に戻してほしいよ、正月あたりに(懇願)。個人的なお願いですが。

 

それは置いといて、と。

昨日の号泣から一夜明け、少し落ち着いて見ることができましたが、やはり長年応援してきたグループだけに、

思い出が多すぎて…。しかも記念イヤーで昔の懐かしい曲も多く、ウルウルきてしまいました。

深く考えるとおかしくなりそうなので、脳が拒否してるのか?

それでもやっぱり、生で6人体制の彼らを見て、彼らが伝えたい「現実」を知ることができたように思います。

今回のツアーに参加できて、よかったと思う。一緒に応援してきたお友達と見ることができたのも、大きかった。

一人じゃ、モヤモヤしてどうにもならなかったと思うから。本当にありがとう。このお友達は、エイトがくれた私の宝物です。

 

★オープニングMC※一語一句正確ではないです。ニュアンスでお読みください。

亮「みなさん、元気ですか?大丈夫ー?受け入れてますか?あの〜あの〜…あのね(言葉がなかなか出てこない)。今日ね、来てくれてありがとう。彼はもう、ここに出ることはありません。それが現実です。

パートとか、慣れないこともあると思うし、どこかに彼の魂が宿っていると思うので、来てよかったと思えるライブにしたいです!」

初日より少し力が抜けている感じ。ようやく緊張が解けてきたのか。

 

★MC

ヒナ「昨日、何してた?」

出たああああ、ツアーの合間に何してたかの話!いつも楽しみなんですよ。わくわく!

ヨコ「そんなん言ったら、俺チクルぞ!大倉が被害者ちゃう?」

大倉「ラジオ終わりに、亮ちゃんところに合流して、飲み足りないから、丸ちゃんに声かけたら、『一杯だったら付き合ってもいい』って高圧的に言われてん。

午前3:00頃に戻ったら、もう丸、べろんべろんに出来上がってて、びっくりした!丸が、『ラジオ聞いたよ、お前は真面目なこと言うなあ、ええ奴や!』っていうから、『いや、お前もやんか、あったかいで』って言ってたら、丸が『最後の挨拶、あれでよかったんやろかって』って悩みはじめて。俺が、『人それぞれやから、それでいいんやよ』悩みはじめて、って伝えたら、丸、寝てんねん!」

とんでもなく自由な丸ちゃんみたいですね。

じゃあ、寝ようと思ってたっちょんが部屋に戻ろうとしたら、丸ちゃんが付いてきたそう。

ヨコ「おれー!それに遭遇してん。わー!ってなった!トイレに行こうとしたら廊下で遭遇してしまって」

大倉「帰ろうとしても、きゃっきゃきゃっきゃしてて、『しーーーっ』って5回ぐらいしたのに!うるさくて!午前4時ぐらいにそれなんですよ!」

丸「楽しかったなあー」

大倉「そのくだり、丸は全然覚えていないんや」

 

この騒ぎで、安も目覚めて聞いていたそう。

丸「アッ、ごめんな!ごめんな!」

安には全力で謝る丸ちゃんなのでした。

エイトはホテルのフロア貸切なんですねえ。

ちなみに、ヒナちゃんは爆睡だったそうです。

大倉「丸ちゃん、あそこまではやめて!俺も迷惑かけることはあるけど…あっ、お互いさまかあ♪」

亮「起きてたけど、覗く勇気はなかったわあ。うるさかったな!」

 

MCの後半は、ヒナちゃんの話。独特の言葉を使うヒナちゃんに、メンバーからクレーム。

ヒナちゃんは、下記のような日本語の使い方をするそうです。

 岼み物飲む」→「口濡らす」

◆屮好泪曚暴偲鼎垢襦→「飯食わす」スタッフには、「おいしいの食わしといて」とお願いする。

このグループ内だけだったらいいけど、他の現場でそれ使ったらびっくりされるから、辞めれ!とメンバーからクレーム。

それに対し、ヒナちゃんが一言「ホットな気持ちになるやんかあー」だそうです。

確かに、ヒナちゃんって息子をセガレって言ったり、カップルをアベックって言ったり、ちょっと独特ではありますね。

 

★最後のあいさつ

ヨコ「記者会見で脱退の発表をして、驚かせてしまいました。違和感だらけかもしれませんが、現実はやっていかないといけない。メンバーが改めて、格好良いと思いましたこれから精一杯、がんばります!」

 

丸「炎天下の中、来ていただいてありがとうございます。いろいろ考えてもしゃーない。やっていかなきゃならない。こうして、みんなと心と心で会話できて、嬉しい。人生なにも起こらないってことはないでしょ?家族や友達とか…いろいろあると思う」

 

大倉「3日目が終わろうとしていますが、最初はリハの時、歌割どうするーとかありましたけど、ピースが1つかけて、埋めることしか考えてなかったけど、それはちゃうなって思いはじめて。僕は、彼の代わりではない。忘れろ、とは言いません。ダンスとかもね、まだ全力ではできないと思うけど。可能性を信じて、やっていくだけ。笑ってもっと大きくなる僕らを、見守ってほしい」

 

亮「そうですねえ、何でしょう。いつもと違うよね。でも、1人抜けてやっていけないグループなんかじゃない。

すばるを見に来た人には、冷たい言い方かもしれないけど…みなさんより、僕らは1歩先の部分を動いているんで。信じてついて来てほしいです」

 

安「わたし鏡、こんなにも今にピタッとなる時が来るなんて。僕もいろいろあって、皆様に支えられてここまでこれたんで、これからは僕が健康になって恩返しできればよいと思う。でもまあ、しこりはあるのかもしれませんが、ひとつひとつ、進められたらよいと思います」

 

村上「すごいでしょ、関ジャニ∞って!!で、時間は良くも悪くも残酷でしょう。ここに来るまで、どんな気持ちでいればいいんだろうって思ったと思うけど、どうですか?…現実?楽しいでしょ!」

うーん、ヒナちゃんがポジティブでよかった。

| レコメン レポ | 00:16 | comments(5) | trackbacks(0) |
関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 7/21名古屋レポ

久々の更新です。渋谷すばるが脱退を表明してから、初めての6人でのツアーが始まりました。

私的には名古屋の7/21が初日です。

すばるの脱退ついては、脱退会見も見たし、番組で出演ラストの回など間接的には映像で確認していたけれど、

どうしても現実として受け入れることができていませんでした。

本当に…?っていう心境で止まっているような。

今回、初めて6人の姿をみて、自分がどんな気持ちになるのか?と思いながらの参加でした。

 

オープニングでは、DNAが引き継がれて、次の世代へ…「再生」のようなムービーが流れ、新生関ジャニ∞の誕生!とばかりに、赤ん坊の泣き声が流れます。

 

そして、いよいよ6人の登場。

Jwebでもリーダー宣言をしていた亮ちゃん、センターでまず口火を切ってくれました。

亮「大丈夫ですか?いつもと並びが違いますよ!」

ファン「……(戸惑い)」

亮「うん、そういう感じになりますよね(苦笑)!自分の記憶と違うと思うけど、慣れて!!しょうがない!」

優しく諭すように話し続ける、亮ちゃん。

亮「すばるファン!今日は、彼がいないのに来てくれてありがとう。彼がいたグループは、こんなだったと再確認できるかもしれへん!また来てくれとは言えへん!でも、今日は楽しんでいって欲しいです。今日から再スタートです!楽しんでいってください!」

 

あくまでも明るく諭すように…前向きな宣言とともに、コンサートは始まりました。

現実だから、仕方ない。受け入れて。その代り、全力でがんばるから!と何度か言っていたと思います。

基本的には亮ちゃんがメインで話して、他のメンバーが続くのですが、横はまだまだ複雑な表情、

丸ちゃんは安定の高テンション、たっちょんは相変わらず俯瞰からグループを見ていて、安とヒナちゃんは普段通りに見えました。

 

ベスト盤のツアーなので、曲はほとんどがシングル、昔の懐かしい曲もあったり、ツアーとしてはすごく楽しめました。

 

ただ、彼がいない。

 

そして、ヘブンリーサイコが始まった時に、自然と涙が溢れる自分がいました。

エイトコンでこれほど泣いたのは、いつぶりだろう?って思います。2006年のカンフーファイティング第二弾コンの横浜以来かも。あの時は、メンバーもみんな泣いていた。

私にもこんな感情が残っていたのか。

ああ、道が分かれたんだと、やっとわかった気がした。

あれから、こんなにも時間が流れてしまった。

残された彼らはどこまでもプロフェッショナルで、私たちを楽しませようとひたむきでした。

それでも、歩いていかないといけないんだと…。

 

こうなってくると、すべての曲の歌詞が「渋谷すばると、グループの行く末ソング」に聞こえてきてしまって、やばいなーと

思っていたら、ヤスくんが「そういう風になりがちだけど、そうじゃないんだよ」って言ってて、わかってるなーと感心してしまった。読まれてる。

 

すばるが自分で下した発展的脱退だから、受け入れようとは思うけど、やっぱり時間がかかりそうです。

すばるのパートを誰かが歌う度に思い出すし、いろんな思いが錯綜してしまう。勝手に歌詞に重ねて、グッときてしまう。

 

ヒナちゃん「いろんな感情があると思いますが、僕らは受け止める準備はできています」

メンバーも察して、たくさんの言葉を投げてくれました。

ヤスくんの体調に配慮したこともあり、バンド中心の内容でしたが、全然違和感がなくてそんなことも忘れてしまうぐらい。

無理していないと良いのですが…。

 

最後に亮ちゃんが「渋谷すばるファン、楽しめましたか?」と聞いたら、ドーム内は少しまばらな拍手。

何度も、「本当に?本当に楽しめた?」と聞き続ける亮ちゃんなのでした。

| レコメン レポ | 11:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
亮ちゃんが大河ドラマ「西郷どん」に出演する件について

なるほど、今年の夏は亮ちゃんのドラマ進行で、夏ツアーになったわけなんですね。

こうなった今、冬ツアーは絶望的になってまいりました。

 

2018年大河ドラマ「西郷どん」

【放送予定】

2018年1月から(全50回)
【収録スケジュール】
2017年夏 クランクイン

 

なるほど、夏からすでにクランクインしてたんですねえ。つまり、ここから来年一年間何もできないっつーことなのでしょうか?

次のツアーは来年の夏、なのでしょうかね(悲)

調べてみたら、岡田君が過去に出演した時は、(not主演)、夏コン→カウコン→春コンって感じでした。

うーん、てことはやっぱ夏かな?春ってあんまりないよね。

 

主演の鈴木亮平さんは、「パパドル!」で共演してましたね。

奇しくも、その時は亮ちゃんのドラマ共演者で、特別扱いされている亮ちゃんに苛立ちを見せるという役でした。

これが、この5年で逆になってしまった。

 

「パパドル!」は、亮ちゃんがNEWSを脱退した次の年。

主人公の現役アイドルに、亮ちゃんが本人役で登場したドラマで、亮ちゃんだけではなく、関ジャニ∞のメンバーやタレント、アーティスト、ジャニーズ事務所も実名で出てくる。つまりジャニーズ事務所全面協力という、これまで聞いたことのないスケールでドラマが制作されました。

亮ちゃんが「ジャニーズ事務所の未来を背負って挑んだドラマ」ともいわれています。

そんなわけで、コラボもすごい!

  • 第1ドル
    • ひみつの嵐ちゃん!
    • 映画 エイトレンジャー∞
  • 第2ドル
    • TV LIFE / 撮影:花井透
    • A-Studio
  • 第3ドル
    • ひるおび!(ラスドル)
    • 有田とマツコと男と女
  • 第4ドル
  • 第5ドル
    • 山里亮太の不毛な議論
  • 第6ドル
    • ハンチョウ5〜警視庁安積班〜
  • 第7ドル

あの、嵐様をバーターに使うとは!!ジャニーズの意気込みが伝わってきますね〜。

私はこのドラマで、亮ちゃんの人気がかつてのキムタクばりに爆発して、関ジャニ∞人気ブームがおこり、ついに国民的アイドルに王手をかけるのでは!?と思っておりました。

が、結果はあまり視聴率もふるわず、それどころか、その後主演した深夜のドラマ「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」のほうが、視聴率が高いぐらいだったのです。

 

うーん、不思議ですね。あれだけのお膳立てがあったのに!

私はリアルタイムで見てましたが、あんまりおもしろくないなあーって思ってた。亮ちゃんが出たから見るけど。脚本が面白くなかったのかな?あんまりキュンキュンしませんでした。

 

でもまあ、エイト自体すごく売れているし、ここで爆発的に売れる必要もなかったのかもしれませんね。

大河とか見たことがないですが、1月からはかぶりつきで、西郷どんを見たいと思います。

 

ああーー!そういえば、「応答セヨ」エイト限定盤が全然予約できないのです。発売前なのに、プレミアついてるし。はあ、動くの遅かった。

| レコメン レポ | 00:47 | comments(3) | trackbacks(0) |
今更だけど、関ジャニ∞ JAM感想

公式のライナーノーツを参考に、コンサートが終盤になった今!というタイミングですが、アルバム「JAM」の感想を書きたいと思います。

 

1.罪と夏

2.今

とっても壮大なメロディライン、なにかこう、ミュージカルのラストに似合いそうな曲ですね。明るくて、耳に残るし、心地よい!

作ったのが星野源っていうのがまた、すごい。なるほどねーって思ってしまう。

歌うときは、エイトは手話を取り入れていたけれど、そいう趣旨の歌なのかな?罪と夏はシングルカットだから、この曲がこのアルバムの実質リード曲ですね。

※フジテレビ系『FNS27時間テレビ にほんのれきし』テーマソング

 

3.DONAI

コミカルで色っぽくて、エイトにピッタリの曲ですね!ミディアムな独特なテンポが面白さを感じる。

「助け出すぜ かならず 長い月から金の出口のない その迷宮」って歌詞、ささるなあ〜。ライブで、キラキラピンクのピタっとしたスーツで、並んで踊ってたのがすっごく恰好よかった!言葉遊びも韻の踏み方も楽しい一曲。

 

4.なぐりがきBEAT

※映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』主題歌

 

5.夢への帰り道

BEGINさんが提供してくださったスローバラード。「やがてあけゆく ねがわずあるく」っていうひらがなの日本語から始まる、言葉の美しさ、丸さが優しく響く一曲ですね。孤独をピアノに、不安をギターに…って夢のある表現がいいなーと思った。エイトにこんな曲、あったらいいなと思ってた。でも、なぜAメロとAメロ”をマルにさせてたのだろう?声質?

 

6.えげつない

さすが岡崎体育!エンターテイメントを愛する男!このアルバムの中で、異彩を放ってオル。まさか、歌の中にラップバトルが入るとは斬新!ライブでも、存分に楽しませてもらいました!これ、歌うの難しそうだなー。亮ちゃんの「何か言うてみい、丸山うああああ!!」が好き。ダンスも可愛いんですよねー。ももいろクローバーばりに可愛い全力ダンスがキャワ!

ラップ対決は難しいと思うのですが、とちったのはたっちょんぐらいでしたね。

 

7.パノラマ

 ※フジテレビ系アニメ『モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON』主題歌

 

8.Never Say Never

ヤスが作詞作曲、スパイダーマン・ホームカミングの日本語吹き替え版の主題歌だそうです。ヤス、すごいよー!コンペに出して、勝ち取った歌らしい。しかし、私は家庭教師のTRYのCMにも使ってはどうかと思うのだけど。

※映画『スパイダーマン:ホームカミング』日本語版主題歌

 

9.侍唄

 ※テレビ朝日系ドラマ『サムライせんせい』主題歌

 

10.S.V.E.N転びE.I.G.H.T起き

この曲の良さが、まだいまいちわかっていない。公式のライナーノーツによると、70代ハートロックのオマージュが入っているそうである。そういうのが分かる人は、「!」って思うのかな?

 

11、NOROSHI

  ※映画『土竜の唄 香港狂騒曲』主題歌

 

12. 青春のすべて

これはもう、胸にぐいぐいくる、切ない曲ですね。コンサートのラストに持ってきたのもわかる。メロディラインも秀逸。タイトルにもあるけど、「青春のすべて」って言葉を選ぶセンス、素晴らしすぎる。寂しげだけど、前向きにがんばろうという歌。情景が目に浮かぶような、きれいな曲。

 

13.生きろ

渋谷すばる氏の作詞・作曲の歌。これは歌詞がささるよ!すごく励まされる。

ああ、せめてもうひとひねり、メロディラインがドラマティックなペーソスを取り入れてたら、もっとよかったと思う!

 

14.JAM LADY

これをヤスが作ったのかー!天才?みんな腰振りダンスで、ファンたちを楽しませてくれました。

股間からーの、たっちょんのエロ顔までの舐めるようなカメラワークに、きゃーきゃーしちゃってごめんなさい。

 

15.Traffic

これ!すごい完成度が高いですよね。これを亮ちゃんが作ったなんて!今までは、亮ちゃんが作る曲って似たような弾き語りな曲が多かったから、びっくり。えらい!疾走感があって、とっても好きです。情景が目に浮かぶよう。で、ハコスカって何?

 

16.ノスタルジア

4人のハモりが美しいこの曲。ちょっとパフュームみたいな感じだなーと思った。きらきらしている。余韻を楽しむのもいい。

 

ANWERはねー。買っていないのです。ライブで聞きましたが、君だけにみたいなフォーメーションでしたね。手に入れるべきか悩む。以上です。

 

| レコメン レポ | 23:47 | comments(6) | trackbacks(0) |
亮ちゃんとからあげ

6月15日の少年倶楽部プレミアムでは、NEWSと関ジャニ∞の全メンバーそろって初共演の回でした。

亮ちゃんが!NEWSと楽しく会話してるなんて、なんだか涙してしまう…。

MCは、千原ジュニアさん。

続きを読む
| レコメン レポ | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
渋谷すばるが変態宣言!関ジャニ∞リサイタルin静岡9月12日
7月からスタートしたイベント、「関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!」に、ラストの地・静岡でようやく参加することができました!
改めて、エンターテイメントってすごいなあ〜と感動しました。とってもとっても、面白かったし、人生における今宵一夜のカンフル剤とはわかっているけれど、一瞬でも夢を魅せてくれる関ジャニ∞に感謝です。
これほど気持ちが高揚し、笑ったのっていつぶりだろう?って思ってしまった。
続きを読む
| レコメン レポ | 01:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015 DVD発売決定!
やったー!関ジャニズム LIVE TOUR 2014≫2015のDVDが4月29日に発売決定しましたね!嬉しいー!
やっと生きる目標ができました(涙)!5大ドームツアーのファイナル・京セラドーム大阪公演の模様を収録、メイキングや企画映像、各会場のMCダイジェストなどをが入るということで、迷わず初回限定盤を予約しました!
GWはきっと、このDVDを見続けていることでしょう。
続きを読む
| レコメン レポ | 23:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
関ジャニズム「アダムとイヴ」って…
今更ですが、アルバム「関ジャニズム」の感想をちょこちょこ書いていきたいと思います。
少し前は、アルバムが新しく発売するや否や、「早く書かないと先越されるうーーーー(誰に?)!」ってな感じで書いていたのに……今やこんなテンションですいませんすいません。
続きを読む
| レコメン レポ | 23:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
関ジャニズムLIVE TOUR 2014→2015の申し込みがはじまった!
おひさしぶりです〜。もうこのブログを読んでる人も少なくなってしまいましたが、
それでもしぶとく更新していきたいと思います^^;
最近の私といえば、野外コンサートに行けずに、すっかりやさぐれておりましたが、
次のツアーという目標を見つけて、なんとか息をふきかえしました(笑)。

さすがに北海道は無理なので、東京・名古屋・福岡・大阪ドームを予定しております。
果たしてチケットが取れるのかどうか…?今のエイト人気、すごすぎますよね。
この間の野外コンも当落で大変な倍率だったとか…?
でも、遠方だとホテルやら飛行機などのチケットを用意しておかないといけなかったり、
たどり着くまでは相当疲弊しそうです。
続きを読む
| レコメン レポ | 23:27 | comments(18) | trackbacks(0) |
24時間テレビを見終えて
すごく久々の更新になってしまいました。桐生はるかです。
もう、このブログを見ている人もあまりいないかもしれませんが、それでもちょびちょび続けていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします!
続きを読む
| レコメン レポ | 22:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/27PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • 関ジャニ'sエイターテインメントGR8EST in Taipei のグッズがキターーー!
    はるか (10/18)
  • 関ジャニ'sエイターテインメントGR8EST in Taipei のグッズがキターーー!
    リコ (10/13)
  • 関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 9/8東京レポ
    くま (09/26)
  • 関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 9/8東京レポ
    はるか (09/24)
  • 関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 9/8東京レポ
    くま (09/11)
  • 関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 8/26大阪レポ
    はるか (09/08)
  • 関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 8/26大阪レポ
    くま (09/04)
  • 関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 7/22名古屋レポ
    はるか (08/13)
  • 関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 7/22名古屋レポ
    みあ (08/05)
  • 関ジャニ'sエイターテインメント GE8EST 7/22名古屋レポ
    山ちゃん。 (08/02)
OTHERS